坐骨神経痛にお困りな平野区にお住まいの方へ

受付時間 月~土 8:00~12:00 月~金 16:00~20:00
医院・治療メニュー

坐骨神経痛にお困りな平野区にお住まいの方へ


「こんな症状でお困りでは・・」ということで、
坐骨神経痛についてのご案内をしています。
坐骨神経痛は、腰から太もも、そしてふくらはぎからすねや足の先まで痛みが起こり、
しびれのような感覚が起こることもあります。

坐骨神経痛 坐骨神経痛の患者さんの中には、ぎっくり腰になったかと思い、
あわてて来院される方も多く、実は、坐骨神経痛の痛みは、
ぎっくり腰の痛みとよく似たところがあります。
たとえば、痛みが起こった時は、突然の激しい痛みで、
足を一歩前に出そうにも、激痛が走り身動きできなくなるほどです。
ただ、ぎっくり腰が腰の痛みであるのに対して、坐骨神経痛は腰だけでなく、
主に臀部に痛みが起こり、神経痛は足の先まで続いていきます。
また、坐骨神経痛の場合は、安静にしていても痛みが治まることがないという厄介な症状です。

もちろん、ぎっくり腰もかなりの痛みで、動くこともできないという方が多いのですが、
もしかしたら坐骨神経痛の痛みはそれ以上かもしれません。
実は、平野区から坐骨神経痛で通院されていた患者さんの場合、
それまでに何度かぎっくり腰を経験されたことがあり、その痛みは十分ご存知だったようですが、
その時の突然の痛みはそれまでにないもので、家族に付き添われて当整骨院に来院されました。

坐骨神経痛の多くは、腰椎椎間板ヘルニアによって起こることが多く、
椎間板や骨の変形によって、坐骨神経が圧迫されて痛みが起こることになります。
そして、腰や臀部の筋肉が坐骨神経を圧迫することもあります。
そのため、坐骨神経痛の治療としては、背骨や骨盤の歪みを取り除くことが不可欠で、
矯正治療・マッサージ、そして鍼灸治療などを行い、歪みを正して筋肉の緊張も緩め、
経路の流れを改善させていくことになります。

もし、平野区からの患者さんのように、お尻から足の先まで激しい痛みが起こった場合は、
坐骨神経痛の可能性がありますので、ご相談ください。
その他、腰痛や肩こり、ねん挫や打撲などの治療でも、
平野区からご利用いただくことの多い南田辺鍼灸整骨院です。


スタッフブログ

    南田辺鍼灸整骨院
    外観
    住所

    大阪市東住吉区南田辺1-5-17

    電話番号

    06-6622-7688

    受付時間

    月~土 8:00~12:00
    月~金 16:00~20:00
    休診  土曜午後・日祝

    診療時間
    診療時間
    8:00〜12:00

    /

    16:00〜20:00

    /

    /

    休診日
    土曜午後・日祝