坐骨神経痛でお悩みの八尾にお住まいの方は

受付時間 月~土 8:00~12:00 月~金 16:00~20:00
医院・治療メニュー

坐骨神経痛でお悩みの八尾にお住まいの方は

坐骨神経痛でお悩みなら

腰痛くらいそのうち治る、と気にせずに放っていると、
ただの腰痛では済まなくなることがあります。

たとえば、坐骨神経痛も、その一つです。
坐骨神経痛は、私たちの身体の中で
最も大きな神経である坐骨神経が痛む症状ですが、
その坐骨神経は腰椎の第4番目と第5番目からと
仙骨の前面から出た神経で、股関節の外側を通り、太ももの裏側、
ふくらはぎを通って足の先まで伸びています。
背中側から見ると、ちょうどお尻から、かかとまで伸びていますので、
坐骨神経痛が起こるとその痛みはかなり広い範囲に渡り、
坐骨神経痛になるといつもの腰痛程度では済まない痛みに苦しむことになります。
寝ていても安静にしていても、ほんのわずかな振動でも、
ビリビリと走る坐骨神経痛の痛みです。

坐骨神経痛が起こって初めて整骨院に来院される方も多いのですが、
おそらく、坐骨神経痛の兆候というか、兆候とは言えないまでも、
頻繁にあるいは慢性的に腰痛が起こっていた方が坐骨神経痛になるケースが多いと言えます。

当院には、大阪市内は元より、八尾市などからも通院されている患者さんが多いのですが、
その八尾市からも坐骨神経痛の治療のために来院された方がいらっしゃいます。

この坐骨神経痛の患者さんの場合、仕事柄、勤務時間中の大半を車の運転で過ごすことが多く、
当然座った状態が長く続くことになり、腰痛は慢性的になっていました。
その腰痛の原因が、座る姿勢による背骨の歪みにあると思われ、
早い段階で背骨の矯正を行えば、
坐骨神経痛を発症することもなかったのかもしれません。

ところがある日、それまでの腰痛とは比べ物にならない痛みで、
お尻から足の指先までしびれて、あわてて八尾市から来院され、
坐骨神経痛を発症してしまったというわけです。
坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアや脊椎分離症やすべり症、脊椎管狭窄症などが引き金となって、
併発することが多いと思われますが、ちょっとした腰痛でも、軽んじずに、
相談されることをお勧めします。

八尾市で、坐骨神経痛にお困りであれば、南田辺鍼灸整骨院にご相談ください。


スタッフブログ

坐骨神経痛でお悩みなら、南田辺鍼灸整骨院へ
外観
住所

大阪市東住吉区南田辺1-5-17

電話番号

06-6622-7688

受付時間

月~土 8:00~12:00
月~金 16:00~20:00
休診  土曜午後・日祝

診療時間
診療時間
8:00〜12:00

/

16:00〜20:00

/

/

休診日
土曜午後・日祝